Copyright(c)
2007-2017 Edge Records
/Beatniks Inc. All rights reserved.

◆「ヒロフミ」役 田丸篤志さん キャストコメント

「ヒロフミ」役 田丸篤志さん

▲ 「ヒロフミ」役 田丸篤志さん

――収録を終えた感想をお願いいたします。
ヒロフミは演じていてとにかく楽しかったです。ハイテンションなシーンが多かったんですけど、とても楽しかったので心地よい疲れになりました。
ヒロフミの役作りは色んなパターンが考えられるなと思っています。もし皆さんの想像していたヒロフミと違ったとしても、楽しんでいただけるようにと考えて演じさせていただきました。
――キャラクターを演じる上で、特に力を入れたところはどこですか?
アキラとアミが水を撒いているところに、水をかけられたヒロフミが話しかけるシーンです。
ここは台本では「アキラ」というセリフしか書いていなかったんですけど、直前のアミの「アキラ〜」というセリフを聴いて、それを受けて自分で何パターンか提案し、収録しました。
「ヒロフミ」役 田丸篤志さん

▲ 「ヒロフミ」役 田丸篤志さん

――ドラマCDの聴きどころ、オススメシーンを教えてください。
ボイスドラマ短編A:『出会い編』について
ヒロフミを含めてですけど、この出会い編だけ聞いていただいても、各キャラクターがどんな性格をしているのかなんとなく分かっていただけるのかなと思います。
ボイスドラマ本編:『夏風邪によく効くものは…』について
メイドさんについて語るところです。
ほかのシーンでもテンションが高くなるところはありますが、ヒロフミのメイドへの想いを表現したかったので、スタッフさんと相談しながら何度か録り直しました!
「ヒロフミ」役 田丸篤志さん

▲ 「ヒロフミ」役 田丸篤志さん

――サラとタカオミの両片想いの関係は見ていてやきもきしますが、ご自身が最近やきもきしたことがございましたら教えてください。
マッサージの予約をしたときのことです。「14時か14時半ごろからで予約できますか?」と聞いたら、「15時半はどうでしょう」と言われて。
その時間だと次の予定に間に合わないので、一応念のため「14時ごろは空いていませんでしたか?」と聞いてみたら、「空いている」という…。なんでだ!!!
――ファンの皆様にメッセージをお願いいたします。
とても楽しく収録させていただきました。その雰囲気はきっと皆さんに伝わって、皆さんにも楽しんでもらえるといいなと思っています。
今回は一人での収録となったので、またヒロフミを演じる機会があったら全員揃っての収録を希望! ぜひ次回作にも期待しているので、応援よろしくお願いします。
俺んちのメイドさん ドラマCD
【タイトル】
俺んちのメイドさん ドラマCD
【発売日】
2017年3月1日
【価格】
2,700円(税別)
【品番】
BNEG-1074
【イラスト】
大原ロロン
【シナリオ原案】
大原ロロン

【シナリオ】
小野寺藤菜
【販売元】
株式会社ビートニクス
【キャスト】
三上枝織(君嶋サラ 役)/小林裕介(タカオミ 役)/金元寿子(アミ 役)/内田雄馬(アキラ 役)/田丸篤志(ヒロフミ 役)/高森奈津美(橘リノ 役)/和多田美咲(みっちゃん 役)
Beatniks-Shopで買う

妹がお兄ちゃん(ラブ)すぎて眠れないCD