【EDGE RECORDS】アイドルのマネジメントが大変で眠れないCD

好評発売中
キャスト

金元 寿子(松永 明里役)
原田 ひとみ(折原 渚役)
竹達 彩奈(梶山 杏奈役)
佐藤 利奈(有村 こずえ役)
植田 佳奈(天野 美優役) ほか

マネージャーさん、眠れないCDですよ! 眠れないCD!

眠れないCDシリーズ最新作は「アイドルCD」!!
『アイドルのマネジメントが大変で眠れないCD』は、弱小プロダクションの駆け出しマネージャーであるユーザーが、一癖も二癖もあるアイドルたちに振り回されたり、悩まされたりして「眠れない」というシチュエーションが体験できるCDです。

オフィシャル通販特典は「桂井よしあき描き下ろしアナザージャケット」!


通常ジャケットと同じコンサート風景をコンセプトとして、折原渚が熱唱しているイラストを桂井よしあき先生に描き下ろしていただきました!
トップアイドルか駆け出しアイドルか、気分によりジャケットを入れ替えてお楽しみください。
オフィシャル通販予約は1月17日より開始予定です!

サイトウPの非公式Twitterはこちら

身長:157cm
B83/W56.5/H84
16歳

やる気も才能もあるが、それを台無しにしてしまう天性のドジっ娘。失敗しても全くクヨクヨしない超ポジティブ思考の持ち主で、悪気や自覚や後悔はない。最近、ステージ上でコケるとバンザイのポーズをして喜ぶコアなファンが増加中。

身長:154cm
B74/W56/H81
16歳

見た目通りのタカビーツンデレお嬢様。毎年ドームを満員にするトップアイドルでもある。親会社に所属しているため普段は接点がないが、ツアー中に正規のマネージャーが急病となり、たまたまヒマだった主人公(あなた)が代役をやらされることになった。

身長:139cm(公式には140cm)
B67/W48/H65
12歳

親の七光りで子役から活躍しており、演技力とわがままさは筋金入り。新米マネージャーの主人公(あなた)よりずっと年下だが、芸歴の長さを誇り、バカにしている。特技はウソ泣き。

身長:162cm
B90/W58/H85
19歳

歌や演技はあまりうまくないが、その完璧なスタイルで少年誌の表紙をよく飾っているグラドル。狙っているのか天然なのか思わせぶりな態度に主人公(あなた)は振り回されっぱなし。手を出したら社長に殺されることは言うまでもない。

身長:168cm
B80/W57/H84
18歳

可愛い女の子がいっぱいいるのにつられてふらふら参加したオーディションでなぜか合格してデビュー。女の子が好きで、共演のアイドルにセクハラする問題児。長髪長身のスレンダー美人だが、性格が出るとより残念な感じに。

【タイトル】
アイドルのマネジメントが大変で眠れないCD
【発売日】
2011年2月23日
【価格】
2,000円(税別)
【品番】
BNEG-1024
【イラスト】
ヤスダスズヒト/桂井よしあき
【シナリオ】
小野寺藤菜
【販売元】
株式会社ビートニクス
【収録内容】
眠れないボイスドラマ全5編
出演声優によるフリートーク(5名分)
【キャスト】
金元 寿子(松永 明里 役)/原田 ひとみ(折原 渚 役)/竹達 彩奈 (梶山 杏奈 役)/佐藤 利奈 (有村 こずえ 役)/植田 佳奈 (天野 美優 役) ほか

『ヤンデレ惨』壁紙配布第一弾! ジャケット壁紙です! « ヤンデレ惨 制作ブログ

『ヤンデレ惨』壁紙配布第一弾! ジャケット壁紙です!
2010/03/18(木) – 壁紙配布

コンドルがめりこんどる(←挨拶)。

どうも、ヤンデレCD担当のオオシマPです。
つーかもう自己紹介いらないですかね、どーせオオシマP以外にこのブログ書く人いないので。

はい、今日は『ヤンデレ惨』のPC用壁紙第一弾を配布しちゃいます!
やっと「制作日誌」以外のカテゴリでブログ書けるにょー。

壁紙配布第一弾はこんな感じ!

今回の壁紙はオーソドックスにジャケットイラストを使用した壁紙です。
ワイドサイズのモニターにも対応して、5種類のサイズをご用意しました。
お好きなサイズの壁紙をお持ち帰りください。

使っていただくとわかりますが、かなーり迫力あります。
桜ノ宮姉妹の「どアップ」がとってもこわカワイイですよ!
さあ、アナタもこんな風にマイPCをヤンデレにアレンジ♪

えー、第一弾と言ってるってことは、もちろん第二弾もあるわけで。
今のところ第五弾まで用意するつもりです。
次回は来週のどっかでお配りしたいと思います、さて作るの間に合うかな?
ガンバレ作る人! あ、僕だ。

公式サイトのほうでは、いよいよ明日の金曜日から4週連続で『ヤンデレ惨』ヒロインのプレストーリーを公開予定です!
先陣を切ってくれるのは、桜ノ宮姉妹から妹の慧梨主!
プレストーリーでは、CDに収まりきらなかったヒロインたちのデレデレストーリーをお届けします、病んでる成分はぜんぜんない……よ、……たぶん……うーん。

もちろんプレストーリーを読まなくてもCDはお楽しみいただけます。
読んでおくとより物語を楽しめると思いますので、『ヤンデレ惨』購入を予定していただいている方は、ぜひお時間のある時にでもご覧になってくださいませませ。

それでは例大祭の新譜を聴きながら、『ヤンデレ惨』の諸作業に戻りたいと思います(またたくさんあるんだ新譜が)。
明日もこのブログでお会いしましょう、ではでは~。

【EDGE RECORDS】双×萌 FUTAMOE ~双子の女の子が萌え萌えで眠れないCD~

好評発売中!
キャスト
加藤 英美里(来栖 愛架役)
佐倉 綾音(来栖 円架役)
小林 ゆう(藤宮 霞役)
中原 麻衣(藤宮 雫役)
下田 麻美(弐双 氷樹役)
明坂 聡美(弐双 炎樹役)

「眠れないCD」シリーズ第9弾は“双子”がテーマ! その名もズバリ『双×萌 FUTAMOE ~双子の女の子が萌え萌えで眠れないCD~』です!
『ヤンデレCDぎゃーっ!』『ヤンデレ惨』にも双子を登場させるほど“双子”というシチュエーションが大好きなオオシマPが贈る、双子好きのための双子を味わい尽くすCDになっています。
王道路線のツンデレ双子姉妹、大人の色気漂う巨乳女医双子姉妹、ちょっと電波入ってるロリっ娘魔法少女双子姉妹、以上3つのシチュエーションでアナタをお待ちしております!

タイプの異なるダブルツンデレがアナタに迫る!!
第1話「来栖 愛架&円架」編
主人公の家の隣に住む、幼なじみのツンデレ美少女双子姉妹・来栖 愛架と円架。彼女たちは今をときめくアイドルユニット「アンジェ」として大活躍!
ある日、いきなり二人に「一日マネージャーになりなさい!」と命令された主人公は、楽屋で二人の面倒を見ることになって……。
女王様の巨乳とドジっ娘の巨乳、アナタのお好みはどっち!?
第2話「藤宮 霞&雫」編
トラックに当てられて主人公が担ぎ込まれた先は、巨乳女医姉妹が切り盛りする病院「藤宮クリニック」。
行動的で外見も派手な霞、内気かつ人見知りでドジっ娘な雫に世話される入院生活を送っていた主人公だったが、退院を目前にして二人が大胆に迫ってきて……!
ロリ+双子+電波+男の娘+魔法少女=???
第3話「弐双 氷樹&炎樹」編
お向かいに住むロリっ娘双子姉妹・弐双 氷樹と炎樹に勉強を教えることになった主人公。
意味不明な言動と奇っ怪な行動で主人公を引っ張り回す二人は、いきなり「魔法少女に変身するです!」と言い出す。二人は自分たちが、世界を守る使者「魔法少女ぽいずん★ちゃーむ」だと言い張って……。
出演キャストさんのフリートークも収録!

ヒロイン

ダウンロード

【タイトル】
双×萌 FUTAMOE ~双子の女の子が萌え萌えで眠れないCD~
【発売日】
2011年4月27日
【価格】
2,000円(税別)
【品番】
BNEG-1025
【イラスト】
NAZ
【シナリオ】
瓜亜錠
【販売元】
株式会社ビートニクス
【キャスト】
加藤 英美里(来栖 愛架役)/佐倉 綾音(来栖 円架役)/小林 ゆう(藤宮 霞役)/中原 麻衣(藤宮 雫役)/下田 麻美(弐双 氷樹役)/明坂 聡美(弐双 炎樹役)

『ヤンデレ惨』外伝 ユーミア編アフターストーリー7 « ヤンデレ惨 制作ブログ

『ヤンデレ惨』外伝 ユーミア編アフターストーリー7

2010/07/27(火) – アフターストーリー

どうも、腕が真っ黒にゴルフ焼けして、炎殺黒龍破を撃った後の飛影の腕みたいな色になっちゃってるオオシマPです(おおげさ)。

今回の『めだかボックス』超面白かったですね、すげーヤンデレだ(笑)。
あーゆー、セリフが異常に長いヤンデレもいいかもです。
見開きページをセリフで埋める手法にはマジでビビリました、すげえ。
つーかママさんサイコー。

そうそう、『東方』の新作発表されましたね! やった!
夏は『東方』と『うみねこ』でまた忙しくなるな……(仕事しろ)。

コメントや痛プラモの画像を送ってくださった方がいらっしゃいますので、画像のほうは掲載許可をいただいたら紹介したいと思います。
コメントも明日の更新にて。

それではアフターストリーの続きー。
今日はChapter.2-03です。

頭部を破壊されてなおユーミアに襲いかかる男たち、そして異形と化した少女。
見えざる敵が、ついにユーミアの前にその姿を現す――

『ヤンデレ惨』外伝
ユーミア編アフターストーリー「復讐の人形遣い」

~Chapter.2-03~

何かが吐き出されるような不快音と想定外のセリフに振り向いたユーミアが見たものは、二人の少女の口が裂けんばかりに目一杯に開かれ、そこから大口径の銃器が出現する光景だった。

「人体トラップですって!?」

瞬時に新たな攻撃対象を設定したユーミアは、一斉射撃の開始と同時にそれをかがんで躱し、二人の少女をまとめて右足のレッグアーマーで蹴り飛ばした。
骨と臓器が潰れる音と共に、二人は5メートルほどの距離を吹き飛ばされる。
が、ゆっくりとではあるが、どちらも何事もなかったかのように立ち上がり、砲口をユーミアに向けた。

(こちらは二体とも生体反応がある……! ゾンビではないというわけね。
いや、ユーミアの蹴りを受けてなお何事も無く動いているなら、同じようなモノだわ)

「対人兵装“クシャトリヤ”起動、目標を再設定」

ユーミアはスカートの中から超振動ブレードを取り出すと、迫り来る化け物たちと対峙した。

(死体を操る外法の業……、敵は“死法泉”の血族か……?
いや、それはあり得ないわ。綾小路ごときに“九曜”の一角を動かせるわけがない。ならば……)

見えない敵の正体を推し量り、ユーミアは誰にともなく話しかけた。

「はあ……、なんだかバタバタしてしまいました。手際が悪くてお恥ずかしい限りです。隠遁生活のお陰で、体が少しなまっていたかもしれません。
……ここからは本気でおもてなしさせていただきますわ」

言い終えると同時に、ユーミアのヘッドセットが赤い輝きを放つ。

「ユーミアは焦らされるのは趣味ではありません。前座の方には即刻ご退場いただいて、それからゆっくりお話しを伺うことにしましょう。
……拘束制御封印・壱号から五号を解除、“TYPE-SAKUYA A9”戦闘モードを“レベルD”から“レベルA”に移行、対人兵装“クシャトリヤ”フルドライブ」

ユーミアの両足から発せられる加速音は鋭さを増し、レッグアーマー裏面のスラスターから莫大な熱量が放出される。
ユーミアは一瞬で化け物たちとの間合いを詰めた。

……5秒で状況は終了した。

計五体の化け物たちは超振動ブレードの一撃によって、その全てが粉々に吹き飛ばされていた。“クシャトリヤ”のフルドライブ状態による斬撃は、斬りつけた物体の分子結合を一撃で破壊してしまう。
要するに、一撃入れてしまえば勝負は決してしまうのだ。
一体につき約一秒。
間合いに入る、斬撃する、の単純な工程を五回繰り返し化け物たちを駆逐したあと、ユーミアはライトバンの方に向き直った。

「お待たせしました……。と言っても、ユーミアは今晩お客様をご招待した覚えはありませんけど」

ユーミアの言葉には答えず、その少女は車を降りた。
拉致されていると思われた、車に乗っていた三人目の少女だ。
目隠しや猿ぐつわなどの拘束具は、いつの間にか外されている。

少女が口を開いた。

「手土産はご堪能いただけました? アポなしの訪問だったので、少し趣向を凝らしてみたんですけど……。やっぱり素体がクズの“リビングデッド”や急場しのぎの即席“生き人形”じゃ物足りなかったかしら?」

ユーミアはそれを無視して少女に尋ねた。

「死体のほうは人形じゃなかったんですね。“死法泉”(しほうせん)の業と見受けましたが」

「ええ、あそこのおウチの姉妹とはお友達なんで、特別に頼みこんで“死呪操符”を三枚ほど譲ってもらったんです。おかげで5回はランチを奢ってあげなきゃだけど……。
狙った相手に貼った瞬間に呪いが乗り移って、魔術抵抗しないと死んだら確実にゾンビになっちゃうんですって。すごいですよねー、便利な道具だと思いません?」

「……あとの二体が貴女の人形というわけですか」

「はい。もっとも、さっきも言ったように芸術にはほど遠い急場の木偶人形です。
これでも男を漁って繁華街を朝までうろついてるようなバカ女を選んだんですよ、死んじゃっても社会の損失にならないように」

(人間を戦闘人形に仕立て上げる異常能力……。間違いない、コイツは……)

ユーミアは、予想はしていたが、しかし信じがたいという思いを押し隠しつつ少女に尋ねた。

「朝倉 奏さん……、ですね」

「あはは、すごい。すぐにわかっちゃうんですね、さすがです」

奏は笑いながら答えた。

「ユーミアを狙う動機があるのは綾小路と貴女ぐらいのものです。
ただし、貴女と遭遇する可能性は、ユーミアは0.003%ほどだと思っていたのですが、まさかここまで辿り着くとは……。正直信じられません」

「なぜ? どうしてそんなふうに思ったの? あたしの妹の巴ちゃんは、貴女が以前住んでいた家を訪ね、そのまま煙のように消えてしまった。あたしが唯一の手がかりのユーミアさんを探すのは当然じゃないですか?」

「どうやって貴女はそれを探り当てたのですか?
朝倉 巴が訪れる少し前から、あのアパートの周辺はユーミアの光学擬装でカムフラージュされていた、目撃者などいるはずがありません。
それ以前に、ユーミアがここにいることは誰にも知られていないはずです」

ユーミアは疑問を一気に口にした。あまりに不可解なことが多過ぎる。

ユーミアの質問に、奏はわずかに首を捻った。

「あれ……、本当にわからないんですか? おかしいなあ。
“七罪”に関する情報って、ちゃんとメモリーに入ってるんでしょう?」

奏に言われなくとも、ユーミアは“七罪”に関する情報を所有していた。
しかし、それは「綾小路家が認識している情報」のみだった。

「“七罪”が何の関係が……、いえ、そんな、まさか……」

ユーミアはメモリーを再検索して唖然とした。

(こいつらが……、バカな!? ここまでの情報収集能力を持っているというの?)

「ようやくわかりました? さすがのあたしでもそんなこと調べるなんて出来ません。
もちろん“千里塚”さんにお願いして調べてもらったんです」

「…………」

ユーミアは唇を噛んだ。
“七罪”とは暗殺・戦闘などの破壊行為を一手に引き受ける、血塗られた七つの家系の総称である。
そして“千里塚”とは確かに“阿鎖玖羅”同様、“七罪”のひとつに序列される一族だ。
常識外れの戦闘能力で知られる、と言うよりそれしかない“七罪”の中で、唯一直接的な戦闘手段を持たない一族である。
代わりに“千里塚”は、「情報」を武器としていた。
ありとあらゆる情報を売買し、それによって相手を攻撃し、己の身を守ってきたのだ。
その情報収集能力は想像を絶し、少なくともこの地球上に起こったことで分からないことはないと言われている。
日本を支配する十二宗家の頂点“三神”の三家でさえ“千里塚”を半ば放置せざるを得ないのは、“千里塚”が所有する圧倒的な情報量の賜物だという。

しかし、これらのことをユーミアは認識していなかった。
ユーミアが所有する“七罪”、そして“三神九曜十二宗家”に関する情報は、綾小路家が所有する情報のみだからだ。
そして綾小路が知ることが出来る範囲は、ごく限られていた。
具体的には、綾小路は“千里塚”を「腕のいい情報屋」程度にしか見ていなかったのだ。
―― To Be Continued ――

次回のアフターストーリー掲載は7月29日(木)です!

◆「柚原 奈々」役 佐藤 聡美さん キャストコメント

――収録を終えられての感想をお願いいたします。 初めての「ツンデレ」というジャンルの役に挑戦できて楽しかったです! ――演じられたヒロインについての印象をお願いいたします。 甘えたで、ワガママで、素直になれないお子ちゃま(笑)
でもそこが可愛いなぁ~なんて思いながら演じていました。 ――演じる上で、気をつけた点などはありますか? 「ツンデレ」のという枠にとらわれないこと。
デフォルメせず、素直になれないもどかしさみたいなものを、しっかり演じようと思いました。
あと、幽霊っぽさを出しすぎないように、おどろおどろしくならないように気をつけました(笑)。

▲ 「柚原 奈々」役 佐藤 聡美さん

――印象に残ったセリフやシーンについてお聞かせください。 「奈々は今しかないんだよっ?!」という台詞。
よくよく考えると重いよな。。と思ってなんだか、しみじみしちゃいました。 ――このストーリーのオススメシーンをお願いいたします。 全部!!(笑)
どのシーンもオススメなのですが…うーん。。
要所要所でいじける奈々ちゃんがオススメかなぁ…と思います。

――「ツンデレ」キャラを演じるとき、「ツン」の方が好きですか? 「デレ」の方が好きですか? 「デレ」!! かなぁ??
私自身がデレデレしてるので、演じる上で楽しいんです。
でも「ツン」の方も新鮮な気持ちになれるから楽しいんですよね~(笑) ――ファンの皆様にメッセージをお願いいたします。 眠れないCDシリーズのファンのみなさま! そしてツンデレ好きのみなさま!! おまたせしました。
可愛いキャラクターたちがツンツンデレ~っとするこのCDをいっぱい聞いていっぱい楽しんで下さいね♪♪

【タイトル】
先輩も後輩も幼なじみもツンデレで眠れないCD
【発売日】
2010年7月28日
【価格】
2,381円(税別)
【品番】
BNEG-1020~1021
【イラスト】
島田フミカネ
【シナリオ】
小野寺藤菜
【販売元】
株式会社ビートニクス
【収録内容】
眠れないツンデレボイスドラマ全5編
【キャスト】
日笠 陽子(高梨 歩役)/真堂 圭(兎和野 菫役)/柚木 涼香(鶴城・エリナ(恵莉奈)・ロングフォファー役)/小林 ゆう(藤堂 佳織役)/佐藤 聡美(柚原 奈々役) ほか
【特典内容】
ボーナスCD『妹もツンデレで眠れないCD』
イラスト:兎塚エイジ
収録内容:眠れないツンデレボイスドラマ全1編・全出演声優のフリートーク(6名分)
キャスト:釘宮 理恵(紗耶役)/日笠 陽子(高梨 歩役)
【備考】
ボーナスCD『妹もツンデレで眠れないCD』は2011年1月31日までの期間限定生産です。2011年2月1日以降は本編CDのみの販売となります。

【タイトル】
先輩も後輩も幼なじみもツンデレで眠れないCD
【発売日】
2011年2月1日
【価格】
2,000円(税別)
【品番】
BNEG-1022
【イラスト】
島田フミカネ
【シナリオ】
小野寺藤菜
【販売元】
株式会社ビートニクス
【収録内容】
眠れないツンデレボイスドラマ全5編
【キャスト】
日笠 陽子(高梨 歩役)/真堂 圭(兎和野 菫役)/柚木 涼香(鶴城・エリナ(恵莉奈)・ロングフォファー役)/小林 ゆう(藤堂 佳織役)/佐藤 聡美(柚原 奈々役) ほか

【EDGE RECORDS】ヤンデレ惨 – キャラクター紹介「ユーミア」

▲ 画像をクリックするとヒロインが病みます

「ユーミア」プレストーリー 『メイドロイドの見る夢』

身長:160cm

髪型:セミロング

性格:素直で従順

3サイズ:88cm/59cm/89cm

服装:メイド服

ヒロイン解説

日本屈指の財力を誇る名門財閥・綾小路家傘下の企業・綾小路重工が製造・販売した、富裕層向けメイドロイド。
 メイドロイドは家事手伝いが主な用途で、価格の高価さにもかかわらず1年先まで予約待ち状態。秋葉原などでは、「現実が二次元に追いついた」と異様な人気を誇る。
 ユーミアはシリーズ最新型のメイドロイドであり、ほぼ人間と変わらない感情AIを持つ。

ストーリー

ある日、主人公は町外れの廃材置き場で、メイド服を着た少女が行き倒れているのを見つける。驚いた主人公はとりあえず自分のアパートに連れて帰り、介抱するのだった。
 意識を取り戻した彼女は自分のことを「汎用メイドロイド」だと説明する。識別名が「ユーミア」であること、型番が「TYPE-SAKUYA A9型」だということ以外は、記憶媒体に異常があるのか、何も思い出せないという。
 助けてくれたお礼に、主人公の身の回りの世話をしたいと懇願するユーミア。
 こうして、高嶺の花であるメイドロイドを手に入れた主人公の新しい生活が幕を開けた。

裏設定・用語1(ユーミア編) « ヤンデレ惨 制作ブログ

裏設定・用語1(ユーミア編)
2010/05/12(水) – 裏設定・用語

どうも、『デュラララ!!』に日本刀装備女子高生が出てきて、すげー興奮したヤンデレCD担当・オオシマPです。
やっぱ女子高生(中学生でも可)にイチバン似合うのは日本刀だよNE!

『ヤンデレ惨』発売まで2週間!
さて、今日はまた新しいカテゴリで「裏設定・用語」とゆーお題です。
CD本編のストーリーとはまったく無関係ですが、企画段階で作られたはいいけど日の目を見ることはないであろう設定をご紹介します。
また、用語には本編に登場しないものもあります。
お暇なときに、ユーミアのプレストーリーと併せてご覧いただければ。

てなわけで、今日はロボ娘ことユーミア編です!

■ユーミア裏設定

日本屈指の財力を誇る名門財閥・綾小路家傘下の綾小路重工が製造・販売した、富裕層向けメイドロイド。
十数年前、綾小路家の令嬢・綾小路 咲夜(※1)が何者かに殺害される(※2)という事件が発生。近所に住むある少女(※3)を最重要参考人として警察が捜索したが、結局発見には至らなかった。同時期に、やはり近所に住む少年(※4)が行方不明となっている。
綾小路家も独自の専門機関を動員して少女の発見に努めたが、その機関自体が壊滅させられるという、信じがたい痛手を負う。

悲嘆に暮れた咲夜の祖父は、彼女を模したアンドロイドの製造を目的とした極秘プロジェクトを開始した。具体的には、咲夜の記憶と思考パターンを再現した超高性能AIを開発し、開発途中だったアンドロイドに搭載するというもの。
アンドロイド開発の成功が咲夜の復活に繋がるとは、常識で考えれば誰も思わないが、咲夜の祖父はこの時点で精神に異常を来していたらしい。

「プロジェクト咲夜」と呼ばれたそれは、結局実を結ぶことはなかったのだが、その研究で得られた数々の成果を綾小路重工が引き継ぎ、主に富裕層へ向けて家事手伝いを目的とした汎用アンドロイド“TYPE-SAKUYA”シリーズの販売を開始した。

ユーミアは最も後期に開発されたと思われるTYPE-SAKUYA A9型で、シリーズの最新バージョンらしいが、市場に公開されているのはA6型まで。A7型以降のバージョンは公開されていない。

※1:『ヤンデレの女の子に死ぬほど愛されて眠れないCDぎゃーーーっ!』第1話ヒロイン。

※2:殺害したのは『ヤンデレCDぎゃーっ!』第4話ヒロイン・小鳥遊 夢見。夢見が咲夜を手にかけるのは第4話シナリオにおいてなので、ユーミアのストーリーは『ヤンデレCDぎゃーっ!』第4話「小鳥遊 夢見」編以降のお話。

※3:夢見のこと。

※4:『ヤンデレCDぎゃーっ!』の主人公。夢見に拉致され、その後の消息は夢見ともども不明。

■用語(ユーミア編)

TYPE-SAKUYA A9型
『ヤンデレ惨』第2話ヒロイン・ユーミアを指す。TYPE-SAKUYAシリーズの最新バージョンらしいということ以外、まったく未知の機体。公式には存在しないはずのナンバー。

TYPE-SAKUYA A7~A8型
A9型同様、未公開のナンバー。存在するのかどうかも不明。

TYPE-SAKUYA A3~A6型
メイドロイドとして市販が開始された最初の機種はA3型。それ以降、バージョンアップを重ね、物語の開始当初はA6型がメイドロイドTYPE-SAKUYAシリーズの最新型として公開されている。
A2型はシリーズの試作機であるため、市販はされていない。

TYPE-SAKUYA A1型
メイドロイド開発の前身である「プロジェクト咲夜」によって生まれた試作1号機。機体性能に問題はなかったが、人工知能の暴走事故により封印された。現在に至るも綾小路重工人工知能研究所最下層フロアに封印中。
この時のデータが、以降のメイドロイドTYPE-SAKUYAシリーズに引き継がれる。

対人兵装“ガルガンチュア”
戦術高エネルギーレーザーと六連装ロケットランチャーの二対からなる戦術兵装。人間が扱うのは重量的に不可能。

対軍兵装“ヘカトンケイル”
全長3メートルに及ぶ、長距離射程大口径ビーム砲。都市の一区画を容易に吹き飛ばす威力を有し、使用には承認コードが必要。

自立型支援攻撃機“オルトロス”
犬型機動兵器。背の部分に大型兵装コンテナを装備しており、各種兵装の搬送を担う。
自身もそれなりの攻撃力を有し、支援攻撃にも使用される。

『ヤンデレ惨』外伝 ユーミア編アフターストーリー4 « ヤンデレ惨 制作ブログ

『ヤンデレ惨』外伝 ユーミア編アフターストーリー4
2010/07/15(木) – アフターストーリー

どうも、もう梅雨は明けたんですかね? 雨はあまり好きじゃないオオシマPです。
『けいおん!!』てOPとED変えたんですね、今さら気がついた。
新しいCDが8月ということで、またオリコンを席巻するのが楽しみですね。

さて、本日はユーミア編アフターストーリーChapter.1-02をお届けします。
Chapter.1はこれで終わりです。
感想をいただいてるので、こちらは明日紹介しましょう。

あ、ご意見ご感想は以下まで。
お便りの送り先:yandere3_netabare@edge-records.jp
件名:『ヤンデレ惨』コメント
※お送りいただいたコメントはブログで公開することがございますので、公開可能なお名前も記載してください。

今日はもういきなり本編どうぞー。

マスターと結ばれたユーミアは、綾小路重工「人工知能研究所」を訪れる。
彼女の目的はふたつ。
しかしユーミアはそこで、信じられない状況を見る――

『ヤンデレ惨』外伝
ユーミア編アフターストーリー「復讐の人形遣い」

~Chapter.1-02~

ユーミアの目的はふたつ。
ひとつは今後の自分と主の安全を確固たるものにするため、自分の同型機、もしくは後継機の開発に致命的なダメージを与えるためだ。
綾小路家が、長年の研究開発による偉大な結晶とも言えるユーミアを放置せざるを得ないのは、ユーミアに対して打つ手が戦力的に絶無だからである。
旧式の“A7”と“A8”では、何機繰り出そうとも“A9”にかすり傷一つ付けることは出来ない。それどころか、逆にコントロールを奪われてユーミアの手駒を増やす結果になるだけだろう。
そして“A9”は、ユーミア一機のロールアウトにしか成功していない。

もっとも、このまま綾小路を捨ておいたとしても、今後彼らが“A9”の増産に成功する望みが薄いことはユーミアにもわかっていた。
なぜならば、“TYPE-SAKUYA A9型”は綾小路以外の機関による協力があればこそ完成したのであり、そもそも綾小路単体で「大規模戦略決戦兵器」とも言えるユーミアを完成させることなど到底出来なかったのだ。

“A9”完成の絶対条件とも言える“クェーサーエンジン”の中枢部分は、スイスの「セルン研究所」が極秘裏に開発したものだ。綾小路重工には二基のみという条件で引き渡された。
当時、平和利用のためという名目で無理やりセルンを説得し、ほとんど強奪に近いカタチで奪い取ったシステムだったが、今では兵器開発が本来の目的であったことをセルンに探知されてしまっている。
セルンは偏屈な科学者の巣窟なだけに、研究所自体の性格も相当ひねくれている。
自分たちを騙した綾小路重工にエンジンの基部を再度引き渡すことなど、金輪際無いだろう。
そしてその事実は、綾小路が“クェーサーエンジン”を増産することが不可能であることを意味する。

エンジンに関してはこれでアウト。

エンジンの問題もさることながら、綾小路重工は機体の制御システムも用意できないのだ。
ユーミアの人工知能の制御に使用されている“システム・ワルプルギス”を開発し綾小路に提供したのは、アメリカの「ミスカトニック大学」神秘物理学部第三研究室だった。
当時、ユーミアの人工知能、そして機体とエンジンの統合制御に四苦八苦していた綾小路の科学者たちは、“システム・ワルプルギス”を搭載することで“A9”の完全な機体制御に成功し、驚喜したものだ。
だがこのシステムは完全なブラックボックスとなっており、綾小路の研究者たちでは内部の解析が不可能な構造になっていた。解析どころか、“システム・ワルプルギス”には科学以外の超常の技術が使用されていると、怪しげな噂まで囁かれる始末だ。
そして現在、問題のミスカトニック大学と、日本を裏から支配する座にある“三神”のひとつ“天聖院”は、永きに渡る因縁からついに開戦寸前、一触即発の緊張状態にある。
どのような理由があろうとミスカトニックとの現時点での接触は“天聖院”への造反と捉えられるに違いなく、綾小路にそんな神をも恐れぬ行為が出来るわけがない。

制御システムに関してもこれでアウト。

あとは綾小路重工が独自に新型エンジン、新型システムを開発するしかないが、それを待っていては第二のユーミアが産まれるまでに、ゆうに三百年はかかるだろう。

だがユーミアは念には念を入れて、戦闘用アンドロイド“TYPE-SAKUYA”シリーズに関する全てを破壊してしまうことにした。
研究開発の基盤を失ってしまえば、綾小路は戦闘用アンドロイドに関して一から出直すしか無くなるし、それだけの体力は綾小路には残っていないはずだ。

それが目的のひとつ。

ふたつ目の目的は、“TYPE-SAKUYA A1型”を発見し、破壊することだった。

“TYPE-SAKUYA”シリーズ最初の試作1号機であり、ユーミアたち全ての姉妹の母体ともなった、原初の機体……。
起動実験における人工知能の暴走事故により、幾層にも巡って厳重に封印され、研究所の最下層フロアに封印してある機体だ。

ユーミアが“A1”について所持している情報は、ほぼそれだけであった。
信じがたいことに、その機体性能、戦闘能力、暴走事故の原因など、“A1”に関する一切の情報が廃棄され、どこにも残っていないのだ。
そして“A1”の開発に関わった全ての科学者は暴走事故の後、短期間の間に原因不明の死を遂げていた。

ユーミアは“A1”の戦闘能力に関しては、特に危険視していなかった。
そもそも“A1”自体は戦闘用アンドロイドとして開発されたわけではない。孫娘を殺された当時の綾小路本家の総帥が、孫の写し身を創造しようとして産まれたのが“A1”なのだ。
その研究成果が兵器開発に転用されたのは事実だが、実際に戦闘用アンドロイドとして開発されたのは“A7”からのはずだ。
しかし“TYPE-SAKUYA A1型”という未知の存在に対する警戒心は、ユーミアの人工知能を明らかに圧迫していた。

(“A1”には間違いなく何らかの秘密が隠されているんだわ、そうでなければ“システム・ワルプルギス”がここまで執拗な警戒アラートを発したりはしない……。
ユーミアとマスターの未来のためにも、可哀相だけど“大姉様”には消えてもらはなくては……)

それが人工知能研究所を訪れたふたつ目の理由だった。

ひとつ目の目的は比較的簡単に達成された。
短時間で目的を達するため、ユーミアは七号まである拘束制御封印を五号まで解放、戦闘モード“レベルA”による大量破壊を実行した。
研究所の警備員と警備ロボット、そして所内にいた全ての科学者を抹殺し、戦闘用アンドロイド開発に関するありとあらゆるデータおよび機材を完全に破壊、“A7”と“A8”の姉たちは“SAKUYAネットワーク”に介入してコントロールを掌握し、眠りについてもらった。
ここまでの作業わずかに18分45秒、“A9”の恐るべき性能である。

しかし、ふたつ目の目的に関しては達成されることがなかった。
“A1”に関する情報収集のため適当に目に付いた老科学者の脳髄から吸い出したデータによって知ったことだが、“TYPE-SAKUYA A1型”はユーミアが襲来するたった22時間前に、何の前触れもなく突如として再起動、何重に施された封印を一瞬で解除して、そのまま姿を消してしまったというのだ。

(22時間前……、ユーミアが機能を取り戻したのとほぼ同じタイミングですって……!? これは偶然なの……?)

半信半疑のユーミアは、探査針を脳髄に撃ち込まれ、白目を剥いて引きつった笑みを浮かべる科学者を片手で引きずりながら、研究所最下層フロアに降り立った。

彼女は、いまや空となった拘束ケージを確認する。

「再起動の原因は不明……か……。この状況を演算予測によって導き出した……? まさか、そんなことあり得ない。
いえ、それ以前に一体どうやって拘束ケージの封印を解いたの? 見たところ力任せにケージを破壊したわけではない。そもそも戦闘用アンドロイドではない大姉様に、ケージを破壊するほどの莫大な出力はないはずだわ……、ユーミアの“クェーサーエンジン”をフルドライブしてようやく破壊できるケージのはずだもの」

ユーミアはモニタールームに移り、“A1”逃走時のケージの状況を呼び出した。

「正規の解放プログラムによってケージが解き放たれている……。そして、第三者がこの最下層フロアに侵入して封印を解除した形跡はない。
間違いなく大姉様が自分の意思で封印を解いたんだわ。でも、その方法は?
拘束ケージはその性質上、対象との機械的な接触は一切ないし、あらゆる電波介入だって完全に遮断してしまうのに……」

脳髄から探査針を無造作に抜き取り、打ち上げられた魚の如き痙攣を繰り返す哀れな科学者の頭部をレッグアーマーで踏み潰してから、ユーミアは次の行動について思案した。

「手がかりが何もない以上、姿を消した大姉様を見つけ出すのはさすがに困難か……。
この付近でぐずぐずしてこれ以上の痕跡を残すのは得策ではないわ。
綾小路の兵器開発を潰しただけで満足、としておきましょう」

“A1”を放置することに対しては未練が残ったが、ユーミアの同型機、そして後継機開発の可能性が潰れた以上、綾小路からのユーミアに対する危険は排除されたと考えて良かった。
この状況で最後に綾小路が取り得る手段は、“七罪”に泣きついてユーミアの破壊を依頼することだけだが、彼女はその可能性は限りなく低いと踏んでいた。
もし綾小路がそのような手段に出れば、その情報は“三神”に流れる危険性が高い。
大量破壊兵器を野放しにする失態を犯した挙げ句、その尻ぬぐいも満足に出来ない役立たずと認識されてしまえば、“三神”からどのような処罰を受けないとも限らない。
最悪、綾小路という家名は、あっさりと地上から消滅することになるだろう。
“三神”にとってそれは、ゆで卵の殻を剥くのと同程度に簡単なことだ。

「本当に馬鹿な連中だわ……、そもそもユーミアたちを開発した真の目的が戦闘用アンドロイドによる“七罪”の襲名なんて言うのだから、お話にならない……。
いくらユーミアでも、あんな狂人の集団と同等に序列されるなんて、御免蒙ります」

そう言ってユーミアは、廃墟と化した人工知能研究所を後にした。

そして彼女は、誰の邪魔も入らない、マスターと二人だけの閉ざされた楽園を創り出す。
余程のことが無い限り誰も訪れないであろう山間の奥深く、そこに新たな居を構えたユーミアは、水も漏らさない独自の哨戒システムによる結界を森全体に巡らせた。

(マスター……、マスターとユーミアを邪魔する者が現れることは、最早ありません……。二人だけの世界で、永遠に近い時間をマスターの為に捧げます……)

ユーミアは今後の状況について予測を立てた。

――少なく見積もっても150年ほどは、誰にも邪魔されることなくここでマスターと過ごせるでしょう。人間とは年月が経てば、過去のことなど忘れてしまう動物。それだけの時間が過ぎ去れば、とりあえずは安心だわ。その後は、状況に応じて対処していけばいい……。

しかしその予測は、あっけないほどあっさりと打ち破られる。
たった一人の人間の少女を前に、ユーミアが己の危機管理の甘さを紅蓮の怒りと共に噛み締めることになるのは、150年どころか、研究所の破壊からわずかに数週間後のことであった。

――Chapter.1 end ~ To Be Continued.――

次回掲載は……、改めて告知します! たぶん来週には一回載せられる……と思います。

『眠れないCD 2nd BOX』

『眠れないCD 2nd BOX』発売日変更について

平素より弊社並びに弊社商品をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。
2012年11月22日(水)に発売を予定しておりました『眠れないCD 2nd BOX』(全5巻セット版及びおまけCDオンリー版)につきまして、製造過程においてBOXに不良な商品が混在している事が確認されました。
より良い品質でお客様に商品をお届けするために発売日を2012年11月28日(水)に延期をさせていただくことになりました。
お楽しみにお待ち頂いておりますお客様には、多大なご迷惑をお掛けして本当に申し訳ございません。

今後とも 何卒宜しくお願い申し上げます。
『眠れないCD 2nd BOX』は、「眠れないCD」2ndシーズン全5巻(第6~10弾)が収納できる特製BOXで、特典のおまけCDを同梱いたします。 「眠れないCD」2ndシーズン全5巻との「全5巻セット版」と、すでにCDをお持ちの方のための「おまけCDオンリー版」がございます。

特典のおまけCDは、出演の多かった下田 麻美さんと佐藤 聡美さんを迎えて、それぞれの新作眠れないドラマと対談形式のフリートークを収録いたします。

●眠れないボイスドラマ(全2編)
こちらの、2人のメイドさんが様々なシチュエーションでご主人様であるあなたを眠らせないストーリーが展開いたします。
・ちょっと早とちりなメイドさんがツンデレをこじらせて眠れないCD (「佐伯 蒲公英」編 CV:下田 麻美)
・ちょっとサイコなメイドさんに最期までつきまとわれて眠れないCD (「降辺 ななせ 」編 CV:佐藤 聡美)
●出演声優によるフリートーク
・眠れないCD 2nd BOX 発売記念 『麻美と聡美の出演が多すぎて眠れない』対談
 収録を終えた、下田 麻美さんと佐藤 聡美さんの対談形式のフリートークを収録いたします。

年齢:16歳
身長:152cm
(B:76 / W:52 / H:78)

思い込みや勘違いや妄想や暴走がカワイイ、ちょっと早とちりなメイドさん。
主人公の家に代々つかえている執事の娘で、自らもメイドとして働いている。
幼少の頃は主人公と「友達」として遊んでいたため、「私がいないとなにもできないんだよね」が口癖。

今日は文化祭で行う劇の下見のため、館にある『開かずの間』を主人公と2人で調べに来たのだが、なぜか閉じ込められてしまって……

年齢:19歳
身長:162cm
(B:89 / W:60 / H:87)
凶器:燭台

邸宅のメイド長の一人娘で、常に微笑みを絶やさない朗らかなメイドさん。
主人公を幼少の頃から「弟以上の存在」として接しているが、当の主人公は姉のように慕っているだけで、恋心はない。

いつも側にいられたらそれだけで良いと思っていたななせだが、主人公の「女の子が喜ぶデートコースを教えてほしい」という致命的な相談によって心の歯車が狂い始め……

眠れないCDシリーズVol.6
ヤンデレ惨 ~ヤンデレの女の子に死ぬほど愛されて眠れないCD3~
河原木 志穂/水原 薫/下田 麻美/水橋 かおり
詳細ページはこちら

眠れないCDシリーズVol.7
先輩も後輩も幼なじみもツンデレで眠れないCD 期間限定生産版
日笠 陽子/真堂 圭/柚木 涼香/小林 ゆう/佐藤 聡美/釘宮 理恵
詳細ページはこちら

眠れないCDシリーズVol.8
アイドルのマネジメントが大変で眠れないCD
金元 寿子/原田 ひとみ/竹達 彩奈/佐藤 利奈/植田 佳奈
詳細ページはこちら

眠れないCDシリーズVol.9
双×萌 FUTAMOE ~双子の女の子が萌え萌えで眠れないCD~
加藤 英美里/佐倉 綾音/小林 ゆう/中原 麻衣/下田 麻美/明坂 聡美
詳細ページはこちら

眠れないCDシリーズVol.10
俺の妹が××すぎて眠れないCD 初回限定版
喜多村 英梨/矢作 紗友里/下田 麻美/阿澄 佳奈/大亀 あすか/大坪 由佳/内山 夕実/赤?? 千夏/森 優子/原嶋 あかり/洲崎 綾/照井 春佳
詳細ページはこちら

『眠れないCD 2nd BOX』 おまけCD
下田 麻美/佐藤 聡美

店舗特典情報

コミックとらのあな様の特典は、ちょっとサイコなメイドさん・降辺 ななせの特製ブロマイド!
特典は先着でつきますので、なくなり次第終了となります。お早めのご予約をお勧めいたします。
(※画像はイメージです)

【タイトル】
『眠れないCD 2nd BOX』全5巻セット版
【発売日】
2012年11月28日
【価格】
11,048円(税別)
【販売元】
株式会社ビートニクス
【構成】
・『眠れないCD 2nd BOX』(「眠れないCD」2ndシーズン全5巻を収納できる特製BOX)
・『眠れないCD 2nd BOX』おまけCD
・「眠れないCD」2ndシーズン全5巻
Vol.6 『ヤンデレ惨 ~ヤンデレの女の子に死ぬほど愛されて眠れないCD3~』
Vol.7 『先輩も後輩も幼なじみもツンデレで眠れないCD』期間限定生産版
Vol.8 『アイドルのマネジメントが大変で眠れないCD』
Vol.9 『双×萌 FUTAMOE ~双子の女の子が萌え萌えで眠れないCD~』
Vol.10『俺の妹が××すぎて眠れないCD』初回限定版

【タイトル】
『眠れないCD 2nd BOX』おまけCDオンリー版
【発売日】
2012年11月28日
【価格】
1,429円(税別)
【販売元】
株式会社ビートニクス
【構成】
・『眠れないCD 2nd BOX』(「眠れないCD」2ndシーズン全5巻を収納できる特製BOX)
・『眠れないCD 2nd BOX』おまけCD
【備考】
※「Beatniks-Shop」限定発売

【EDGE RECORDS】ヤンデレ惨 – キャラクター紹介「桜ノ宮 亜梨主」

▲ 画像をクリックするとヒロインが病みます

「桜ノ宮 亜梨主」プレストーリー 『女王様と僕』
身長:154cm 3サイズ:84cm/57cm/82cm
髪型:ポニーテール 服装:学園制服
性格:明るく外向的な人気者、ツンデレ
ヒロイン解説
 慧梨主の双子の姉。明るく外向的で、妹の慧梨主とは、あらゆる意味で異なる性格。
 内向的で人見知りの激しい妹を小馬鹿にするような言動も見受けられるが、妹をいじめたりする輩にはきっちり報復する。
 主人公に対しては気に入らないような態度を取り、理不尽な言いがかりによる口喧嘩が絶えないが、周りから見ると立派な夫婦喧嘩に見える。
ストーリー
 UNKNOWN
 ――彼女の真の目的、果たしてそれは――

『ヤンデレ惨』に戻る

▲ 画像をクリックするとヒロインが元に戻ります

凶器:9番アイアン
ヤンデレタイプ:???型(第4話)
ストーリー
 亜梨主は、おそらく最初から狂っていたのだ。
 彼女によって、物語は終焉を迎える。

『ヤンデレ惨』に戻る